忍者ブログ
本当に通じて、本当に聞き取れるようになる、英語発音の究極メソッド公開中!

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


最近、新たなオリジナルメソッド「呼気タイミング逆転メソッド」を私の体に定着させるため週末に発音練習をしています。
そんな中、「分かっちゃいるけど、ちゃんと出来ていない時が多いな〜」と感じる私の苦手な音素、【v】について書きます。

【f】は得意ですよ。でもね、日本人だから、実は【v】の発音は非常に難しいのです。
「そうだよな〜【v】は非常に難しい」と思う人は正しく【v】を発音できている可能性が高いです。
「えっ、そうなの?」と思う人は間違いなく【v】を発音しているつもりでも【b】を発音しています。

拍手[4回]


私は【f】の発音は一応、自信があります。鋭い音が【f】単独時も、文章を読んでいる時も出せています。
しかし! 【v】は非常に苦手です。理由は私が日本語を母語とする人だから。
この記事を読まれている方も注意して下さいね。

【v】に限らず、日本人は英語の無声子音を有声化しただけの、英語の有声子音の発音が非常に苦手です。
有声子音ですから、無声子音の発音方法をそのままに、声帯を振動させれば有声子音になるのですが、日本人にはこれができません。

今回は【v】についてです。



1.【f】,【v】のチェック方法

【v】の発音が正しくできているかを確認する方法を下記に示します。【f】が正しく発音できていないと【v】を正しく発音できるはずがないので、一緒に【f】の発音のチェックも行います。
1つでも当てはまった場合、【f】、または、【v】、または両方の発音に問題があります。

(確認1)【f】、【v】を発音する際、下唇を上の歯で噛んでいる。又は、上の歯が下唇にガッチリ接している。

該当する方、残念でした。【f】、【v】の両方、正しく発音できていません。
  • 【f】が【p】に近い発音になっていますよ。
  • 【v】が【b】になっています。
【f】も【v】も上の歯と下唇の内側が、本当にかる〜く触れるか触れないかという状態でなければなりません。
上の歯と下唇の間の狭い通り道を呼気が通る際に発生する摩擦音が【f】、【v】なのですから。

(確認2) "if you want"を発音した時に、横隔膜が一番急激な動きをする音素が【f】ではない。

該当する方、残念でした。【f】、【v】の両方、正しく発音できていません。
【f】, 【v】も弱すぎて英語のネイティブスピーカーには全く聞こえません。

(確認3)【v】を発音する際、下唇の内側に軽く触れた上の歯に振動を感じる。

この項目で初めて該当された方は【f】は正しく発音できています。
該当する方、残念でした。【v】が正しく発音できていません。
  • 【v】が【b】の仲間(有声両唇摩擦音)の音になっています。英語ネイティブには弱い【b】に聞こえます。
【v】は【f】に声帯が振動しただけの発音なのに、下唇を振動させていますね。それは【v】ではありません。

(確認4)【f】と【v】を発音時に口元に手をかざすと、明らかに【v】の方が息の強さが弱い

※(確認3)で気付きにくい状態があるかもしれないので、だめ押しの確認です。

この項目で初めて該当された方は【f】は正しく発音できています。

該当する方、残念でした。【v】が正しく発音できていません。
  • 【v】が【b】の仲間(有声両唇摩擦音)の音になっています。英語ネイティブには弱い【b】に聞こえます。
【v】は【f】に声帯が振動しただけの発音です。本来なら、【f】と【v】の息の強さは殆ど同じです。【v】の方が明らかに息の強さが弱い場合、息の流れがどこかで邪魔されています。恐らく、下唇付近でしょう。


2.何故、日本人は無声子音と対の関係にある有声子音が苦手なのか?

理由は簡単です。日本語には英語の様な無声子音と対の関係にある有声子音が存在しないからです。

英語には対の関係のある無声子音と有声子音には、下記のようなものがあります。
  • 【p】と【b】
  • 【f】と【v】
  • 【t】と【d】
  • 【k】と【g】
一方、日本語には無声子音に声帯振動を加味しただけの有声子音が存在しません。
えっ? 「パ」の子音 P と 「バ」の子音 B 、「ス」の子音 S と「ズ」の子音 Zがあるじゃないか、って? 日本語の、これらの有声子音は、無声子音に声帯振動(=声)を加味しただけの有声子音じゃないんですよ。

  • 「バ」の子音 B  = 「パ」の子音 P  + 声帯振動(=声) + 両方の唇の振動
  • 「ズ」の子音  Z  = 「ス」の子音 S + 声帯振動(=声) + 舌先の振動

ほら、英語の場合とは違い、なんか余計なものがついていますね。
「バ」の子音 B には、英語の【b】とは異なり、両方の唇が振動します。
「ズ」の子音 Z には、英語の【z】とは異なり、舌先が振動します。

日本語には、無声子音 + 声帯振動(=声)の有声子音が存在しないのです。

従って、日本人には、無声子音と対の関係にある英語の有声子音を正しく発音することが非常に難しい。
さて、日本人が英語の有声子音を発音する場合、日本語の癖で、声帯以外のところも振動させてしまいます。

  • 【d】は日本語の癖で舌を振動させても特に問題はないでしょう。英語の他の音素に、そのような音が存在しないためです。
  • 【b】は日本語の癖で唇を振動させても通じます。唇を振動させるため、呼気の勢いが弱くなり、英語ネイティブには弱い【b】に聞こえます。
  • 【v】を日本語の癖で歯と下唇を振動させると通じません。英語ネイティブには弱い【b】に聞こえます。殆どの【v】の発音方法を知っていると思っている日本人の発音がこれです。
  • も殆どの日本人が正しく発音できていません。通じるかどうかビミョーです。舌を振動させているでしょ?
  • 【g】は日本語の癖で軟口蓋を振動させても通じます。英語の他の音素に、そのような音が存在しないためです。
以上より、日本人にとっては【v】とは注意が必要です。


PR
コメント

1.無題
2007/12/09 oliveさん
コメントを編集する

vの発音出来てないかもっ!どうやっても唇が振動してしまいます。どうやったらいいのでしょうか?私はzも苦手なんですがこれもやっぱ間違ってるかもしれません・・・

2.無題
2007/12/11 bousure639さん
コメントを編集する

>>oliveさん
コメント、ありがとうございます。
まず、本当の /v/を知ることが先決ですね。
overの /v/を /f/で発音してみて下さい。 できれば、普通以上のスピードで。
自然現象として、どうしても /v/になります。
/f/の前後に有声音があると、無声子音 /f/を発音しづらくなって、自動的に有声子音の /v/になります。
どうですか? これが本物の/v/です。
全くこってりしてなくて、さっぱり味の昔ながらのラーメンのスープみたいでしょ?(笑)

本物の /v/が分かったら、今度は自分の意志で /v/を出す練習です。
これが非常に難しい。私も苦手です。

口には /f/を発音しろ、と命じて、こっそり声帯を振動させる(=声を出す)と、/v/になります。
未だに、私も完璧にできないです。

3.無題
2008/01/09 n.さん
コメントを編集する

ここ続けて639さんのことをブログで書かせていただきました。m(__)m
突っ込みどころがあったらすいません!
訂正or削除しますので、おっしゃってください。
ではでは、これからも更新を楽しみにしています。(*^_^*)

4.無題
2008/01/09 bousure639さん
コメントを編集する

>n.さん
当ブログのことを取り上げて頂きましてありがとうございます。
n.さんのブログにコメントさせていただきました。
name
title
color
mail
URL
comment
passward   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback


639式英語発音メソッド
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
アクセス解析
ブログ制御
閲覧履歴
プロフィール
HN:
某スレの639
性別:
男性
自己紹介:
アバター by Abi-Station

本でもネットでも他には絶対無い、英語発音の完全独自メソッド公開中!
2ちゃんねるの英語板の住人、発展途上の一英語学習者

メールを送る
当ブログについて
私の発音はコチラ
最新コメント
無題 返信済み
[08/02 kodaiさん]
[06/19 太郎さん]
[03/29 haruさん]
勉強になります 返信済み
[03/02 haruさん]
無題 返信済み
[02/07 宜しくお願いしますさん]
[12/09 りんごさん]
無題 返信済み
[11/04 netさん]
無題 返信済み
[10/23 netさん]
すみません 返信済み
[10/22 netさん]
[09/01 ねっこさん]
無題 返信済み
[08/30 俊平太さん]
無題 返信済み
[08/30 俊平太さん]
凄いですね。 返信済み
[08/28 ねっこさん]
[08/25 Ryo(33)さん]
[08/24 アオイさん]
掲示板
【当ブログ専用掲示板】

【2ちゃんねるの639式スレッド】
※専ブラ推奨
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
ブログ内検索
ロゴマーク






ブログランキング

人気ブログランキングへ
ブログランキング
BlogPeople にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
にほんブログ村

RSS
RSSリーダーをお使いの方は是非!
ダウンロード
閲覧履歴画面