忍者ブログ
本当に通じて、本当に聞き取れるようになる、英語発音の究極メソッド公開中!

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




実践編、母音の3回目です。

【注意】「639式日本語発音講座」は、日本語音声学に準拠していません。


変更履歴
2009/08/14:フリーメソッドライセンスのロゴに該当ページへのリンクを貼った。
2009/08/19:具体的に日本語のどの音を英語のどの音で歌っているかの一例を追加。
2009/08/19:ページタイトルを追記した。
2010/03/16:本ページで使用していたYoutubeの動画が削除されたため、同じ内容の別の動画へ貼り替えた。

拍手[0回]


日本語の母音は調音位置で識別されない

1.英語の母音の音の作り方

外国語の多くは、調音位置を音素の分別要素(の1つ)としています。
別の言い方をすれば、外国人の多くは、口内(or 気道)の何処で音が響いているかで、音を聞き分けています。

英語を例にします。
英語の母音の音の作り方には3つの方法があります。

(1)口内で音を集める方法

声帯で発生した音は、ビーというビープ音です。そのビープ音を口内で一箇所に集めて母音を作り出します。

口内に仮想キャンディを配置し、舌と頬の内側の壁の曲面が音を1箇所に集めます。ちょうど、パラボラアンテナが1箇所に電波を集めるように、です。1箇所に集められた音は、それ以外の場所に比べて音が大きくなります。従って、その場所で音が鳴っているように聞こえます。

hutの母音(short-U)や /ou/などが、この方法で音が作られます。
日本人の耳に「ア」や「オ」、「ウ」の響きに聞こえるのは、第1回、第2回で述べた、2本の青線の距離2本の赤線の距離の作用です。

(2)口内で音を集めない方法

(1)と異なり、口内で音を集めない方法です。気道部でぼんやり響きます。
 英語では、hotの母音や /u:/に相当します。

日本人の耳に「ア」や「オ」、「ウ」の響きに聞こえるのは、第1回、第2回で述べた、2本の青線の距離2本の赤線の距離の作用です。

(3)鋭角で空間の形を変える

これは、/i:/、/I/、/e/で使われている方法です。舌の一部で鋭角な部分を作りだしこれらの音を出します。
その鋭角な部分より奥は、単なるビープ音です。ビーという音です。
その鋭角な箇所で初めて、/i:/や/I/や/e/等の音になります。
従って、その鋭角な部分で、これらの母音の音が鳴っているように聞こえます。



2.日本語では調音位置を気にしなくて全然問題無し


日本語では、口内(or 気道)の何処で音が響いているかで音を全く区別していません。(その理由については、理論編で書いていく予定です)

従って、外国人が日本語の母音を発音する場合は、母国語の母音を、2本の青線の距離2本の赤線の距離だけに気をつけて発音すればいいことになります。


まずは、この動画を見て下さい。



この方、アメリカ人の歌手ですが、母音に違和感を感じましたか? 全く感じないでしょ?
完璧な日本語の発音に聞こえますよね?

でも、彼女は、英語の母音を2本の青線の距離2本の赤線の距離に気をつけて発音しているだけなんです。
上あごの歯茎に水平に赤線、そして、下あごの歯茎に水平に赤線が引いてあります。
頬の内側の壁に垂直方向に青線、左右で合計2本引いてあります。



フリー素材サイト「ASHINARI」の写真を使用しています。


キャンディ・メソッドを実践している方は、是非、仮想キャンディの位置を「体感」して下さい。可能であれば「透視」してみて下さい。
彼女の、日本語の母音に聞こえる母音は、英語の母音そのままでしょ?

彼女は、
  • 「あ」を英語のhotの母音で、 (例:「アルバム」の「ア」、「ありがとう」の「あ」)
  • 「い」を英語の/i:/で、   (例:「古い」の「い」、「つぶやいた」の「い」)
  • 「う」を英語の/u:/で、   (例:「浮かぶ」の「う」、「夕暮れ」の「ゆ」(= /ju:/))
  • 「え」を唇を少し横に開き、英語の/ei/の/e/で、  (例:「笑顔」の「え」)
  • 「お」を唇を少し丸めて英語のhotの母音で、 (例:「思い出」の「お」)
  • 「おぅ」を英語の/ou/で、   (例:「そうそう」)
発音しています。

日本語の「あ」は、口内の前〜中の空間で、全体的に音がしますよね?
でも、この方の「あ」は、気道部分で響くhotの母音そのままです。
でも、立派な日本語の「あ」に聞こえたでしょ?

日本語は、どこで音がしているかを気にしなくても良い言語なんです。

たとえ、気にしたとしても、日本人の耳には感知できないのですから。
第2回で登場した、「い」の、「え」のの位置も全く気にしなくてもいいんです。
口内の前部でもいいし、中部でもいいし、なんと、後部でさえも、日本人の耳には自然な「い」や「え」に聞こえます。試しにやってみて下さい。

← 実践編第2回

PR
コメント
name
title
color
mail
URL
comment
passward   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


639式英語発音メソッド
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
アクセス解析
ブログ制御
閲覧履歴
プロフィール
HN:
某スレの639
性別:
男性
自己紹介:
アバター by Abi-Station

本でもネットでも他には絶対無い、英語発音の完全独自メソッド公開中!
2ちゃんねるの英語板の住人、発展途上の一英語学習者

メールを送る
当ブログについて
私の発音はコチラ
最新コメント
無題 返信済み
[08/02 kodaiさん]
[06/19 太郎さん]
[03/29 haruさん]
勉強になります 返信済み
[03/02 haruさん]
無題 返信済み
[02/07 宜しくお願いしますさん]
[12/09 りんごさん]
無題 返信済み
[11/04 netさん]
無題 返信済み
[10/23 netさん]
すみません 返信済み
[10/22 netさん]
[09/01 ねっこさん]
無題 返信済み
[08/30 俊平太さん]
無題 返信済み
[08/30 俊平太さん]
凄いですね。 返信済み
[08/28 ねっこさん]
[08/25 Ryo(33)さん]
[08/24 アオイさん]
掲示板
【当ブログ専用掲示板】

【2ちゃんねるの639式スレッド】
※専ブラ推奨
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
ブログ内検索
ロゴマーク






ブログランキング

人気ブログランキングへ
ブログランキング
BlogPeople にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
にほんブログ村

RSS
RSSリーダーをお使いの方は是非!
ダウンロード
閲覧履歴画面