忍者ブログ
本当に通じて、本当に聞き取れるようになる、英語発音の究極メソッド公開中!

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


仕掛かり箇所は残っていますが・・・・

この記事では、それらのちょっとした補足的なお話をします。
いずれ、この記事で書いた内容は、それぞれの用途に応じて、理論編、解説編へ
切り出すつもりではいます。


拍手[3回]


1.なぜ日本人にとって、R と L の聞き分けが難しいのか?

2ちゃんねるの発音スレで、質問されていた方がいらっしゃいましたので、ここで答えさせていただきます。
確かに V と B 、S と TH と比べて、 R と L の聞き分けは100%実現しようとすると、本当に難しい。

原因は、英語ネイティブにとっても、とても難しいからです。
もちろん、子供時代の「修行期間」の思い出を忘れてしまった、英語ネイティブ成人は、「簡単だよ。」、「根本的に全く違う音」だと言います。これは成人の英語ネイティブにとっては、ということです。ここ重要。

文献や、また聞きを総合すると、
  • 幼少時代の英語ネイティブは、W と R の発音・リスニングの区別ができない。
  • 同じく、幼少時代の英語ネイティブは、R と L の発音・リスニングの区別ができない。
つまり、英語ネイティブでも、幼少時代の5~8年間をかけて、W と R と L を発音・リスニングで区別できるようになるわけです。英語ネイティブでも、それだけの時間がかかる。

W と R と L は 実は、似ている要素が多いんです。

だから、英語ネイティブでも、それだけ時間がかかるんです。


/r//ɚ/ のリスニング実践編で、

(1)音の種類:仮想キャンディの振動
(2)音の発生場所:口内前部~口内中部までの、いずれかの箇所(図1参照)
(3)正面から見て中心線の位置で音がしているように聞こえる。(図2)

(1)~(3)全てを満たしていたら、/r/や/ɚ/ だと思い込め、と書きました。

この内容を変えずに、少し体裁を変更しますね。


①仮想キャンディが口内で振動していたら、R。
②でも、口内後部で仮想キャンディが振動していたら、Rじゃない。 W だ。
③口内で仮想キャンディが振動していても、正面から見て、中心線の位置で音が出ていなければ Rじゃない。Lだ。


↑ これ、多分、英語ネイティブのR、W、L を聞き取るプログラムです。


赤ちゃん、幼少時代の英語ネイティブが仮想キャンディに気づき、①を発見する。
口内で、仮想キャンディが振動していたら、Rだ! 
でも、シラブル先頭位置にあるWでは、急激型の呼気で発音し、しかも、舌の後部と軟口蓋の間を
極限まで狭めるので、多分、振動してしまう。そうすると、R と W でも区別できない。

そこで、Rの聞き取りに、口内後部を除外し、口内前部~口内中部のいずれかの場所と限定する。
だって、Rが存在する言語で、多分、調音位置が口内後部であるRって存在しないでしょ?

ここまでで、RとWの区別は完成。

Lは、仮想キャンディを使わないけど、口内前部の広い領域を音がなるんです。
LやRがシラブル先頭に位置する場合、聞き分けは簡単ですけど、そうじゃない場合、
音が小さいため、調音位置だけをたよりにすると、紛らわしいんです。
そり舌のRの調音位置は、口内前部。Lも口内前部。 ね?

そこで、③の条件で、RとLを区別してやると。
これ、①、②、③の順番で、おそらく、英語ネイティブが幼少時代に脳内に作りこんだプログラムですよ。
何かを発見する! でも、うまくいかない時がある。それに対処するため、パッチを当てる。
そういう風にプログラムを成長させていったんでしょう。


2.言語共通のRって存在するのか?

これも2ちゃんねる英語板のどこかのスレで、誰かが質問していましたね。私宛ではなかったかも知れませんが。
多分、あるでしょう。

/r//ɚ/ のリスニング実践編で書いた聞き取り条件

(1)音の種類:仮想キャンディの振動
(2)音の発生場所:口内前部~口内中部までの、いずれかの箇所(図1参照)
(3)正面から見て中心線の位置で音がしているように聞こえる。(図2)

盛り上げ舌のRと、そり舌のRの両方当てはまる条件を探した結果、この三つになったんですけど、
これって、言語共通のRの条件じゃないですかね?
あっ、もちろん、ドイツ語やイタリア・スペイン語のように、発音仕分けるRの種類が2種類以上ある場合、更に区別する条件が必要ですけどね。英語の場合、そり舌と盛り上げしたの2種類ありますけど、聞き取り時に区別しなくていいですもんね。

試しに、
フランス語のR を見てみましょうか? フランス語のRも、発音し分けるのは一種類だったはずなんで、
今、ここで説明するには適しています。

仮想キャンディがどこにあるのか探しながら、次の動画を見て下さい。
フランス語のRの発音について、フランス語ネイティブが説明してくれています。




フランス語のRは、
 ・息の音
 ・喉でうがいするような音
 ・英語のRと全然違う

ですね。動画で言ってましたし、世間一般にも言われていることです。
しかも、息だけかな?と思っていると、前後の音の影響でしょうか。僅かに
声帯が振動している場合もある。


でも、本当に英語のRと全然違いますか?

そうそう、仮想キャンディ見つけられたでしょうか? ありましたよね?
口内中部にありました。

図にすると、↓ です。



図にすると、英語の、省エネバージョンの盛り上げ舌のRと同じですよ。
  • 口内中部で仮想キャンディが振動している。

違いは、フランス語のRは、声帯が振動していないんです。

だから、英語の、省エネバージョンの盛り上げ舌のR を、ささやき声で発音するとフランス語のRでしょ? (笑)

ほら、物事がすっきり簡単になりました(笑)

PR
コメント
name
title
color
mail
URL
comment
passward   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


639式英語発音メソッド
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
アクセス解析
ブログ制御
閲覧履歴
プロフィール
HN:
某スレの639
性別:
男性
自己紹介:
アバター by Abi-Station

本でもネットでも他には絶対無い、英語発音の完全独自メソッド公開中!
2ちゃんねるの英語板の住人、発展途上の一英語学習者

メールを送る
当ブログについて
私の発音はコチラ
最新コメント
無題 返信済み
[08/02 kodaiさん]
[06/19 太郎さん]
[03/29 haruさん]
勉強になります 返信済み
[03/02 haruさん]
無題 返信済み
[02/07 宜しくお願いしますさん]
[12/09 りんごさん]
無題 返信済み
[11/04 netさん]
無題 返信済み
[10/23 netさん]
すみません 返信済み
[10/22 netさん]
[09/01 ねっこさん]
無題 返信済み
[08/30 俊平太さん]
無題 返信済み
[08/30 俊平太さん]
凄いですね。 返信済み
[08/28 ねっこさん]
[08/25 Ryo(33)さん]
[08/24 アオイさん]
掲示板
【当ブログ専用掲示板】

【2ちゃんねるの639式スレッド】
※専ブラ推奨
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
ブログ内検索
ロゴマーク






ブログランキング

人気ブログランキングへ
ブログランキング
BlogPeople にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
にほんブログ村

RSS
RSSリーダーをお使いの方は是非!
ダウンロード
閲覧履歴画面