忍者ブログ
本当に通じて、本当に聞き取れるようになる、英語発音の究極メソッド公開中!

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



今回はキャンディ・メソッドの前提条件、その他について書きます。


変更履歴
2009/06/14:WEB拍手設置
2009/07/25:ロゴマーク設置
2009/08/14:フリーメソッドライセンスのロゴに該当ページへのリンクを貼った。

拍手[1回]


1.前提条件

キャンディ・メソッドを行うには前提条件があります。
下記をクリアしていないとキャンディ・メソッドは正しく実践できません。
また、下記をクリアしていないと正しく発音できない、聞き分けられない母音があります。

(1)デフォルトの舌の形・位置がちゃんと出来ている事。
(2)「喉を開く」を行う事が出来る事。
(3)「英語鼻」(旧:「最大の日本語訛りの克服」)を行う事が出来る事。



※(1)の「デフォルトの舌の形」って何?と思う方は、「某スレの639の英語発音メモ」をダウンロードし、「2.1 舌のデフォルトの位置」を参照して、実践した後でキャンディ・メソッドを試して下さい。但し、「2.1(3)」は修正記事を既に書いていますので、記事「舌のデフォルトの位置の記述の修正」 を読んで下さい。


※(2)の「喉を開く」ができていないと思う方は、「某スレの639の英語発音メモ」の「2.2 喉を開く方法」、及び、記事「喉を開く方法の補足」を参照し、実践した後でキャンディ・メソッドを試してください。


※(3)の「英語鼻」(旧:「最大の日本語訛りの克服」)って何?と思う方は、「英語鼻」の記事群を読んで実践した後でキャンディ・メソッドを試してください。


2.これからどの様に記事が進むのか?

キャンディ・メソッドについて、これからどのように記事が進むのか書いておきます。

・まず、前提条件。今回の記事がそうです。
・そして、概要。キャンディ・メソッドの簡単な理論説明と、肝となるトレーニング方法が出てきます。

・次に、母音。母音の音を一つずつ、キャンディ・メソッドを使って説明していきます。順番は日本人には同じ音(「ア」、「オ」、「ウ」)に聞こえる母音から先にやります。その方がニーズが高いでしょう?
また、各母音の説明の際、従来言われている母音の発音方法を具体例として取り上げ、何が間違いなのか、スパっと斬っていきます。従来の方法は間違いだらけなんです、本当に。

・母音が一通り終わったら、/w/や /r/でもやりましょうか。


3.どんな人に効果があるか?

キャンディ・メソッドの効き目は、
・英語ネイティブに聞き返される頻度が減る。
・日本人には同じ音(「ア」、「オ」、「ウ」)に聞こえる英語の母音が、耳に入った瞬間に聞き分けできるようになります。



下記の様な母音の発音方法を学び、実践している人(殆どの人だと思いますが)にキャンディ・メソッドは効きます。

(A)hutの母音を【口を少しだけ開けて、喉の奥の方からアと発音する。】
(B)badの母音を【日本語の「ア」と「エ」を同時に発音する】とか、【「エ」の後に「ア」と発音する】

(C)coffeeの 'o'を【日本語の「ア」よりも口を大きく開きのどの奥の方から発音する。】とか、【大きく顎を下げて「ア」と発音する。】



これらの方法で発音している人にお尋ねしますが、英語ネイティブに聞き返される事が多くないですか?
「ア」や「オ」、「ウ」に聞こえる複数の英語の母音を聞いた瞬間に聞き分けられますか?
単語の最後まで聞かないと、「ア」、「オ」、「ウ」に聞こえる母音が特定できないという事はありませんか?(これだと語彙力で聞き分け能力をカバーしているということです。)


上の従来の方法は直ぐにおかしいことが分かります。
例えば、(A)と(C)の違いは何ですか? どちらも「喉の奥の方からアと発音する」という点は同じです。口や顎の下げ方だけの違いですか?
では、これはどうでしょう? 大声を出す状況で(A)の母音はどのように発音されますか? 大声でも口の開け方は小さいままですか? そんなことは無いでしょう。

歌手が歌う様や、TVや映画での大声のシーンを見てください。(A)の母音を大きな口を開けて発音していますよ! 大声を出す時に、ある程度大きく口を開けないと喉がやられてしまうのです。ダミ声になって喉が潰れます。息の空気圧で声帯がやられるのです。ですから、大声を出す時は人種を問わず、本能的に口を大きく開けるように我々はしています。本能的に大きく口を開けて、息の空気圧を逃がし、喉に負担をかけないようにしているのです。

どうですか? おかしいでしょ? 大声を出したとたん、(A)と(C)は英語ネイティブでさえ、区別できないのでしょうか?そんなことはありえません。

発音本や英語の発音関連サイトに書かれている様な、従来の発音方法には良い面もあるでしょうが、間違った発音方法を教えている物も多いです。特に母音の発音方法の説明が酷すぎです。

一つ言いたいことは、聞き分けできないのであれば、その発音方法は間違っていると思ってください。あなたが悪いのではなく、その方法が悪いのです。

当然、私が説明します「キャンディ・メソッド」の方が間違っている可能性もあります。勿論、私の方法も疑ってください。

キャンディ・メソッドの記事で色々、理屈を書きますが、
キャンディ・メソッドの方法が正しいかは、効果でのみ判断して下さい。

例えば、キャンディ・メソッドを試して、下記の様な効果があるかどうかを確認して判断してください。

・英語ネイティブから聞き返されることが激減した。
・日本人には同じ音に聞こえる母音が耳に入った瞬間に、どの母音かが聞き分けられるようになった。
・英語ネイティブに、従来の方法による母音と、キャンディ・メソッドによる母音を含む単語を聞いてもらい、どちらがネイティブライクかを尋ねて下さい。そして、キャンディ・メソッドによる母音の方が「断然、我々の発音に近い」とか、「我々の発音そのものだ」という返事をもらえるかどうか。

では次回はキャンディ・メソッドの概要へと続きます。




←第2回  ←聞き分けの現状把握の音声の再投稿  第4回→

PR
コメント

1.無題
2007/07/04 オリーブさん
コメントを編集する

お久しぶりです。最近は文法ばかり勉強していて発音はサボりがちでしたが、キャンディ・メソッド期待してます(^-^*)/!個人的には「S」が苦手です。鋭い「S」ってなかなか出ませんね…。英語喉レビューで「h」の発音方法が少し書かれていましたが、うずらの卵が効きました!今までは喉空けっぱなしで息してたのですが、少し力を入れると鋭く発音出来ました。感謝です!

2.無題
2007/07/07 bousure639さん
コメントを編集する

>>オリーブさん
お久しぶりです。お元気そうで、なによりです。
うずらの卵、効きましたか! 良かった。
一般の発音本のどれにも、そのような表現が無いんですよね。
ただ、口の奥からHを発音する、とだけ書かれてあって、不親切極まりない。

鋭い「S」ですが、舌先を上の歯の裏に近づけて発音するのですが、
舌をどれくらい歯に近づけるかの位置を見つけるのが難しいと思います。
その位置を見つける際、「舌先を上の歯の裏に近づける」という発想ではなく、
「上顎の歯の裏に舌先をくっつけて、どれくらい離せば 鋭いSになるか」で
やってみてください。絶対、成功しますよ!
name
title
color
mail
URL
comment
passward   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


639式英語発音メソッド
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
アクセス解析
ブログ制御
閲覧履歴
プロフィール
HN:
某スレの639
性別:
男性
自己紹介:
アバター by Abi-Station

本でもネットでも他には絶対無い、英語発音の完全独自メソッド公開中!
2ちゃんねるの英語板の住人、発展途上の一英語学習者

メールを送る
当ブログについて
私の発音はコチラ
最新コメント
無題 返信済み
[08/02 kodaiさん]
[06/19 太郎さん]
[03/29 haruさん]
勉強になります 返信済み
[03/02 haruさん]
無題 返信済み
[02/07 宜しくお願いしますさん]
[12/09 りんごさん]
無題 返信済み
[11/04 netさん]
無題 返信済み
[10/23 netさん]
すみません 返信済み
[10/22 netさん]
[09/01 ねっこさん]
無題 返信済み
[08/30 俊平太さん]
無題 返信済み
[08/30 俊平太さん]
凄いですね。 返信済み
[08/28 ねっこさん]
[08/25 Ryo(33)さん]
[08/24 アオイさん]
掲示板
【当ブログ専用掲示板】

【2ちゃんねるの639式スレッド】
※専ブラ推奨
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
ブログ内検索
ロゴマーク






ブログランキング

人気ブログランキングへ
ブログランキング
BlogPeople にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
にほんブログ村

RSS
RSSリーダーをお使いの方は是非!
ダウンロード
閲覧履歴画面